宝くじって当たりますか?


宝くじは買わないことには当たらない。

当たり前と言えば当たり前のことですが、買っても当たらないものは当たらない。

ご多分に漏れず、一攫千金を夢見て私も過去十数年と年末ジャンボやサマージャンボ宝くじを買い続けてきた。

いくらつぎ込んだかなんて考えたくもないほど。

「夢を買った」と言って諦めるには、ムダな出費だったと今になって思う。

過去に当たった最高額はたった3千円が一回きり。

あとはお決まりの6等300円のみ。


購入する売り場が悪かったのか?

買う枚数が少なかったのか?

それとも単に私に「くじ運」が無かっただけだろうか?


私だけではない。

私の親戚だって、友人だって、職場の人間だって、

周りの人間で宝くじの1等2等が当たったなんて話は聞いたことが無い。

勿論、全国には本当に1等当選の人が存在するわけなのだが、

余りにも確率が悪過ぎないかい?

年末ジャンボの当たる確率をご存知ですか?

一千万分の1ですよ。

10000000分の1。

2等1億円を含めると1000万分の4(250万分の1)で、全国で296人の億万長者誕生が予想される、なんて宣伝されますが、

これがどれだけ確率悪いか分かってます?

2等狙いでも、250万枚の宝くじを買わないと1枚当たるか当たらないかの確率なんですよ。

つまり7億5千万円分購入しても1億円当たるか当たらないかですよ。

夢が無い?

いや、これが現実ですから。

ジャンボは買わない


私がきっぱり「ジャンボ宝くじ」を買わなくなったきっかけとなった、

ある「事件」をご存知だろうか。

宝くじ店全部の宝くじを盗んだ泥棒がいた。

泥棒は徹夜で盗んだ宝くじの当選を調べました。

結果、末尾当選の数万円だけ。

決死の覚悟で盗みにはいった結果が数万円。

宝くじ店全部の宝くじの当選額が数万円。

そりゃ当たるわけ無いわ、2,30枚の宝くじを買ったところで。

それ以降、きっぱり買わなくなりました。

自分で番号も選べない「くじ」なんて、買ってもムダだと目が覚めました。

国に恵んでやるほど余裕があるわけじゃなし、

いつまでも無駄金つぎ込んでる場合じゃあ無いんですよ。

これからは「当てにいきましょう」!

ロト6にシフトチェンジ!


宝くじを単なる籤運頼みではなく、

「当てにいく」という目的に変える。

宝くじ売り場で否応無く渡される番号くじでは、余りにも他力本願で

余りにも当選確率が悪すぎます。

ならば、せめて数字くらいは自分で選べるロト6にしよう。

そう考えを切り替えたのが2,3年前です。

ナンバーズでもミニロトでもなくロト6。

理由は勿論高額当選金。

ジャンボ宝くじと同じくらいの1等狙いでないと、真剣度が違います。

しかもキャリーオーバーが重なれば、1等4億円!

43個の数字の中から6個の数字を選ぶだけ、

なんですが、ロト6の1等が当たる確率は600万分の1...


いや、前向きに考えましょう。

ジャンボ宝くじの1等当選確率が1千万分の1だから、

僅かながら当選確率も高いのです。

しかも1口200円。

毎週抽選。

CM通り、毎週○億円当選のチャンスがあるわけです。

何より、自分で選んだ数字で勝負できるのだから、

はずれても諦めがつく。

とは言うものの、毎週買ってはずしていては凹むばかり。

で、ある時期から私のロト6攻略の試行錯誤が始まったのです。
ロト6でいかに効率よく高額当選を果たすか、試行錯誤からまずはコンスタントな4等当選法、そして次こそ2億円!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。